おまとめローンを利用する方法とは

知らず知らずのうちにカードを使ってしまい、気がつけば複数の信販会社や消費者金融から借入をしてしまうというのはよくある話です。

 

真面目に仕事はしていてきちんとした収入があるのに給料日には銀行に行き、複数回の振込をしたり、それぞれの会社のATMをはしごして返済をしているかたなどにお勧めなのが「おまとめローン」です。これは近年とくに注目されているローンで、複数の会社からの借入を一社に一本化することで、結果的に金利も減免され、返済計画も立てやすくなります。

 

また、無担保と有担保があり、無担保では銀行やノンバンクがあり、金利は各会社によって異なりますが、いずれも18.00%以内であり返済期間も1年間の会社もあれば、10年間以上の会社もあります。審査もスピーディーであり、おおむね即日対応となっています。

 

有担保では審査の期間は数日かかる会社がほとんどですが、数億円の規模で融資が実施され、返済期間も30年間という長い会社もあります。いずれのローンも審査はあり、年収はもとより、職業の種類や勤続年数、家族構成などの属性の確認も行われます。

 

審査基準は各会社により異なります。申込方法は各会社のホームページで確認できるようになっています。

 

キャッシングの金利負担は抑えられる

キャッシングを利用すれば利息の支払いは避けられません。しかし、計画的に返済することで利息負担を抑えて経済的に借り入れをすることも可能です。キャッシングの利息は、元金、金利、借入日数に応じて割り出されます。借りた日数分の利息を支払いますので、早めの返済を心がけることで利息負担は最小限に抑えることができます。

 

分かりやすく、1万円を年利18%で借りて返済日を30日とした例題で確認してみましょう。利息計算法は「元金残高×年利÷365×借入日数=利息」ですので、これに借り入れ条件を当てはめて計算してみます。10000×0.18÷365×30=147で利息は147円となるため、もし1万円を一括で返済するのなら10,147円を30日に返済して完済となります。

 

ただ、余裕があるときには返済日前に返してしまうこともできてしまうので、もし10日に返済するのなら10000×0.18÷365×10=49で利息は49円となり、かなり負担を減らすことができました。元金が大きいほど負担も大きくなるため、早めの返済で利息負担のお得さが増すでしょう。

 

ちなみに、返済期日を超えてしまうと遅延損害金が取られることになり余計な負担がかかってしまうので注意が必要です。

 

本当に利息なしで借り入れできる?

最近は、無利息キャッシングという商品を目にすることが多くなりました。キャッシングを利用しようと考えている人には気になる商品ですが、そもそも本当に利息なしで借りることができるのか、そんな上手い話があるのか疑いの目を持っている人もいることでしょう。

 

利息は金融会社の利益となるため、もし無利息で融資してくれるのなら金融会社は利益を得られないということになってしまいます。ただ、もちろん利益のならないことを金融会社がやるわけはなく、無利息で融資を行うメリットがそこにはあるのです。

 

それは、顧客の獲得です。今の時代、他社にはないサービスを設けて顧客数を増やすというのは当たり前に行われている戦法です。利益度返しのサービスで一時的に赤字が出ても、顧客が増えれば売り上げも上がる、よって長い目で見ればそれは黒字へとつながるのです。

 

無利息キャッシングも同じです。これは何も無期限で無利息なわけではなく、一定期間という制限を設けています。一定の無利息期間で借り入れのお試しができるので、損がないのなら利用してみようかなと考える消費者が増えます。

 

また統計でも、無利息期間終了後も利用を続ける人の方が多いので、戦法通りに金融会社は利益を上げることができているわけです。
オリックス銀行カードローン増額